自分たちの街を自分たちの手で守ろう

今や多くのモノは失われ、次の世代の新たなステージへと形をかえてしまったが、
私にとってはすべてが愛すべき対象であり、すべてが貴重なこの街の財産だと思っている。
よこすかが私を育て、よこすかが私に多くを教えてくれた。
自然環境が、地域社会が、これまで出会った多くの人たちが。。

例え何処で暮らしていても、「地元はよこすかだ」と胸を張っていた。
強烈なまでのよこすか愛、折れる事の無いよこすか魂
多くの市民の胸にも秘められている誇りと自覚を、
この街の為に活かしていけたら、よこすかの未来はきっと良くなる。

「自分たちの街を自分たちの手で守ろう」とする地域の方々の積極的な取り組みにこそ、この街「横須賀」に対する人々の願い、愛情、期待が込められているのです。
こうした横須賀市民の熱い思い”よこすか魂”と共にこの街横須賀の未来創造に尽くします。

1.政治家個人の資質向上を!
2.街の課題は、この街の人々の声にある。
3.前例重視主義を改める。