未来創造

 悪しき伝統や、古い政治体質を一掃し、政治家個人の資質向上を!
安易な利益誘導や、事なかれ主義では市民だって信頼はできないはずです。
負託を受けた以上、責任感と緊張感をもって、政治に対する信頼回復に努め、クリーンな活動を行います。

 民意を無視しない。
地域の活動や自らの街頭活動、市政報告会などを通じて多くの方々と接し、皆さんからの意見を伺いながら、そこから見えてくることを大切にし、「意見集約 ➡ 市政へ反映」を実践します。

「前例が無いので出来ません」は禁句。
前例に囚われず、判断基準はこの街に必要か不要かで判断すべきです。
時には新しいことも積極的に取り入れ、新旧の融合をはかり、課題解決に取り組みます。

◉教 育
 横須賀が誇る自然環境や歴史・文化を守り、次世代へと伝える。その為にも幼い頃から地域の特色を肌で体験することで、地元に対する理解が深まり、愛情が芽生え、やがて地元を守る大切さへと繋げていける教育が横須賀の未来を支える力になると考えます。将来を担うはずの若い世代の多くが大都市に流れていってしまう中、地元に貢献することの重要性にも目を向ける、そんな教育が必要だと思います。
 学力の向上と合わせ、感受性や道徳心を養い、子どもたちが地元に誇りを持てる人間形成教育こそ、これからの横須賀には大切であると考えます。

◉医 療
 医師不足や設備不足のため、他都市まで診療を受けに行かなければならない状況や、本来守る事の出来るハズの命が失われてしまう等、最悪の事態は避けなければなりません。
 誰もが安心してこの街に住む事が出来るよう、質の高い医療が求められます。
 医師不足の解消をはかり、市民に安心を提供する為の手段を積極的に講じていかなければなりません。 
 横須賀市民の命を守るという使命感を持って医療の充実に取り組まなければならないと考えます。

◉安 全
 社会問題化する家庭内暴力や児童虐待、また、悪質な商法や詐欺による被害などは、外からの確認が困難な事案であり、本人からの相談や近隣の方々による情報が重要となりますが、実情はまだ十分とは言えません。
 現状の制度の不備を見直し、体制を強化すると共に、今一度、地域コミュニティの再生に取り組むべきだと思います。
 行政と地域住民の協働によって防犯体制を強化し、誰もが安心して暮らせる安全な街を目指します。

◉広報の充実
 横須賀市がどんな問題を抱えているのか、どんな計画が予定されているのかが市民には伝わっていない事が多い。また、横須賀の魅力も全国的な認知を得ているとは言い難い。
 こうした情報発信の難しさは、横須賀だけに限らず、多くの自治体でも頭を悩ませている問題であると思います。
 集客や定住に大きく影響する都市イメージの発信や、「知らなかった」では済まされない防犯・防災対策など、積極的かつ詳細な情報発信力の強化及び、新たな方法を検討する必要があると考えます。

◉横須賀再生政策
 深刻な人口減少が進む中、横須賀の特色を生かした産業の創出や、企業誘致等によって雇用確保と定住促進をはかるとともに、首都圏と横須賀を結ぶインフラ整備による交流人口アップを目指します。
 さらに自然環境や歴史遺産の掘り起こしを行い、観光資源の整備を進め、横須賀にしかない魅力を創り出し、横須賀ブランドの確立を目指します。